2020.05.04

未来への復活

 

https://www.facebook.com/obiettivo.life/

 

おはようございます。

GW中ですが、今年は皆様自宅でゆっくりお過ごしかと思います。

 

毎年5月1日サルデーニャでは最大のお祭りが行なわれます。

 

サンタエフィジオ祭 / Festa di Sant'EFISIO

 

”エフィジオ祭。

ペストの終息を祝って 1657 年に始まった伝統的な祭りです。 サルデーニャ島各地より、様々な異なる豪華な民族衣装を着飾り行進します。

 

今年はコロナの影響で大規模には開催されませんでしたが、よりサルデーニャの人々が疫病の終息を願う強い気持ちを感じました。

 

Si narra che nel 1656 i cagliaritani pregarono sant’ Efisio affinché sconfiggesse la terribile ondata di peste, propagatasi nell'isola dal 1652 a causa di alcuni marinai catalani affetti dal morbo e approdati ad Alghero su un veliero mercantile.

L'epidemia contagiò tutta la Sardegna, in particolare Cagliari, nella quale morirono circa diecimila abitanti, con la popolazione cittadina quasi dimezzata.

Prima vittima cagliaritana fu l'arcivescovo don Bernardo De La Cabra.

Nel frattempo Cagliari si stava trasformando in un enorme camposanto.

Giovanni Spano vuole che a questo punto sant’ Efisio sia apparso al viceré conte di Lemos per richiedere, al fine di liberare la città dalla peste, il voto della processione del 1o maggio.

Proprio l'Amministrazione comunale cagliaritana nel 1656 fece un voto a sant’ Efisio: se fosse riuscito a sconfiggere la peste, ogni anno si sarebbero svolti una processione e dei festeggiamenti in suo onore, partendo dal quartiere di Stampace, fino ad arrivare a Nora, dove il santo era stato martirizzato.

A settembre, le abbondanti piogge fecero scomparire la peste, e dall'anno successivo fino a ora, il 1o maggio, si rispetta il voto fattogli anni prima.

Fu scelto proprio il mese di maggio poiché simbolo di rigenerazione della natura.

エフィジオ祭の由来

1652 年、ペストの甚大な影響を受け、カリアリの人々が守護聖人である聖エフィジオに祈り、ペ ストの恐ろしい感染拡大の波を打ち負かしたと伝えられています。 カタルーニャ人船員(商人)が病気にかかり、アルゲーロに上陸したため、サルデーニャにペス トが大流行しました。

特にサルデーニャの首都・カリアリでは、約 1 万人の住民が亡くなり、都市の人口のほぼ半分に なりました。

カリアリの最初の犠牲者は、大司教ドン・ベルナルド・デラ・カブラでした。死者が多くなり、 カリアリの街は巨大な墓地になってしまいました。

ジョバンニスパノは、聖エフィシウスがレモスの総督に行き、都市を疫病から解放するために 5 月 1 日の行列の投票することを望んでいました。

1656 年、カリアリ町政権は聖エフィジオに誓いを立てました。もし聖エフィジオがペストを終息 するなら、彼の名誉のために,カリアリのスタンパチエ地方からカリアリ西部に位置するノーラま で、毎年行列とお祝いで永遠に感謝し続けることを誓います。

その後、9 月には大雨でペストが消え、翌年から毎年 5 月 1 日には誓いが守られてます。 5 月は 自然の再生の象徴とされています。

  無事ペストは終息しそれ以来 350 年以上もの間、誓約を果たすため島民は深い感謝の気持ちをも

 って聖エフィジオ祭を守り続けているのです。

 ペストの終息を祝って 1657 年に始まった伝統的な祭りです。 サルデーニャ島各地より、様々な異なる豪華な民族衣装はみどころです。

 

 

1日でも早い収束を祈念し、

自らが出来る事を尽くしたいと思います。

 

近谷