2020.01.07

春の七草

今日は「七草」です。
おせち料理やお正月に弱った胃をいたわったり、
緑の少ない冬の栄養源としてビタミンを補給する意味があります。
この七草をおかゆにして1月7日に食べる七草がゆの習慣は、
江戸時代に広まったそうですね。
いつの時代もどんな土地でも、年頭に当たって豊年を祈願し
「今年も家族みんなが健康に暮らせますように」と願いを込める。

タロスでは1月11日㈯まで、イタリア風に7つのハーブを使った
「七草リゾット」をご用意しております。
「消化促進、健康第一」が家内安全の秘訣!
日本のアイデンティティある食生活を紐解くのも
未来への食の遺産かもしれませんね!